消費者金融の無利息サービスを徹底的に解説 お得に借りる方法

消費者金融の無利息サービス

大手の消費者金融では、初回契約・初回借入から一定の期間無利息になるサービスを展開しています。上手に活用してお得に借入しましょう。

 

初回時以外にも提供されるサービスもありますし、長期にわたって無利息になるサービスもあります。自分に合ったサービスを選んで賢く借入しましょう。

 

 

無利息サービスとは?

主に初回契約の人向けのサービス

大手の消費者金融業者やカードローンのサービスを提供している一部の銀行には、初回の利用に限りますが「無利息サービス」を実施しています。

 

これは、指定の期間以内に返済をしたときに利息がまったくかからないというもので、もし元金だけを返済すれば、まったく利息を支払うことなく融資を受けることができます。

 

多いのは初回利用から30日間を無利息期間として設定するものです。借りてから30日間は利息がかからないので、30日以内に元金を全額返済すれば、金利でどうであろうと利息はゼロとなります。

 

たとえば1日目に10万円を借りて、5日目に50万円を借りて、総額60万円になっても30日以内に60万円を返せば無利息です。通常ならこまめに借りてすぐに返済するほうがお得ですが、無利息期間中であれば、旅行やレジャーなどで多めに借りておいて、使わなかった分を後から返済するという方法を使うこともできます。

 

注意したいのは返済日です。無利息期間内でも返済日がやってくることが多いので、返済日の確認は重要です。返済日に遅れると利息を支払う必要が生じてしまいます。通常の無利息サービスは、30日間は何度借りても利息が発生しませんが、サービス期間を「貯めておく」ことはできません。

 

たとえば初回借入日から10日後に全額返済して、初回借入日から40日後に再び借入を再開したときには、初回借入日から30日が経過しているので利息が発生します。

 

なぜ無利息サービスを提供するのか

無利息サービスは、消費者金融のキャンペーンのようなものです。多くの人にとって、消費者金融を初めて利用するときには心理的なハードルがあるので、それを少しでも下げようという意図があります。たとえば30日間無利息サービスなら、その期間中はいくら借りても何度でも無利息です。

 

1日目に10万円を借りて5日目に50万円を借りて総額60万円になっても30日以内に返済すれば無利息です。まずは1回利用してもらって、消費者金融は便利なものだと知ってもらいたいという意図で提供されているサービスです。

 

注意すべきなのは、「30日」を1ヶ月と勘違いするケースです。無利息期間に全額を返済しようと思っていても、1ヶ月が31日ある月だと1日分の利息が発生します。たった1日でも数十円程度は利息はかかりますし、1000円以下の端数はコンビニのATMからは返済できません。無駄な手間がかかることもあるので、注意しましょう。

 

無利息サービスは、消費者金融にとっては「最大のサービス」と言われています。というのも、お金を貸して利益を得るためには、利用者に手数料としての利息を支払ってもらうというのが大原則だからです。DVDをレンタルすると、必ずレンタル料がかかりますが、レンタルショップがこの料金を無料にするのと変わりません。

 

それだけのサービスを提供することによって、お金を借りるのは便利であり、自分たちの金融サービスの使い勝手を確認してほしいと考えているということです。試しに10万円でも借りてみて、使いにくければ止めてもいいですし、便利だと思ったら継続してみようと判断してもらおうと考えています。

 

30日間無利息:アコム・アイフル

アコムの30日間金利0円サービス

アコムの無利息サービスは、以前は「返済期日が35日ごと」を選択しないと適用されませんでしたが、2019年10月14日から「30日ごと」の契約でも適用されるようになりました。適用されるのは以下の条件の人に限ります。

 

  • アコムでの契約が初めてであること。
  • 契約するのが無担保ローンであること。
  • アコムが不適当と判断したときには対象外となる可能性があること。

 

無利息期間は、アコムと初めて契約する人にだけ適用されます。いったんはアコムを契約していてそれを解約し、もう一度契約したときには「初めて」とはみなされません。注意しましょう。

 

また、無利息サービスが提供されるのは無担保カードローンだけです。アコムには無担保カードローンのほかにクレジットカードやビジネスサポートローンなどのローン商品がありますが、これらには適用されません。

 

無利息期間は契約日の翌日から30日間となっています。借入日の翌日ではないため注意しましょう。なるべく長めに利用したほうがお得ですので、借りる当日に契約して30日間を無利息としましょう。

 

30日間が無利息ですので、その間であればいくら借入しても利息はかかりません。契約日に10万円借入で10日後に5万円借りても、30日以内に15万円返済すれば利息はゼロです。

 

10万円を契約日に借りて、さらに10日後などに7万円を返済したときには無利息ですが、そこから無利息期間が終了したら残高の3万円に対して利息がかかります。

 

アイフルの30日間無利息サービス

アイフルの無利息サービスはアコムのものと、ほとんど変わりません。適用される条件も以下のようにほぼ同じです。

 

  • 初めてアイフルを利用する人であること。
  • アイフルの無担保キャッシングローンを利用する人であること。

 

無利息期間が始まるのは、初めて契約した翌日から30日間です。これもアコムと同様で、借入日の翌日からではありません。契約だけして後から借りようとしていると、その間に無利息期間は過ぎてしまいます。

 

できれば契約した当日に借りて、無利息期間を無駄なく使うようにしましょう。契約の翌日から30日間であれば、何度借りても返済しても無利息はずっと適用されます。

 

契約日に10万円必要だったのでアイフルで借入したが、すぐに給料日が来たので完済したら利息はゼロです。そこから5万円を借りて、契約日の30日以内にまた完済すれば、すべての借入に対して利息はかかりません。

 

追加融資でも同様で、契約日に10万円借りて15日後に5万円借りたとき、30日以内に15万円を完済できれば利息ゼロで利用できます。

 

アイフルの無利息サービスで注意しておきたいのは、返済日との関連です。

 

アイフルでは「毎月定められた日を約定返済日として返済日までの10日間が返済期間になる約定日制」か「前回返済した日の翌日から35日後が次回の返済日となるサイクル制」の2種類の返済日を選択することになっています。

 

そのため、約定日制で返済するときに、無利息サービス期間内に最初の返済日が来る可能性があります。

 

たとえば8月5日に契約して給料日翌日の26日を返済日をして指定したときには、無利息サービスの適用は翌月4日ですが、その前に最初の返済日が来ます。

 

無利息期間中だから返済の必要はないと勘違いしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

賢い使い方

多くの消費者金融が提供している無利息サービスですが、これは借入期間が短いほど効果的です。たとえば良くあるサービスの事例が「30日間無利息サービス」ですが、この期間内に全額返済すると、利息はまったく発生しません。

 

10万円借入したら期間内にぴったり10万円返済すれば問題なく、まったく借り手が利用料金を支払わずに「お金をレンタル」できることになります。

 

借入期間が30日を超えると、超えた日数分の利息が発生します。たとえば40日間借りた場合には、31日目から10日分の利息がかかってきます。実際には1ヶ月後に1回は返済日が来るので、そのときにいくら返済するかによって負担は変わってきます。

 

実際に無利息サービスを利用したときに、どの程度にお得に借りられるのか理解しておきましょう。アコムの30日間無利息サービスを利用した場合に、それを金利に換算してみると以下のようになります。

 

おおよその金利換算
借入金額10万円のとき 借入金額30万円のとき
毎月の返済額 金利換算 支払回数 金利換算 支払回数
10万円 0% 1回 9% 4回
5万円 5.8% 2回 12.8% 7回
1万円 15.0% 11回 17.0% 39回
5000円 16.4% 24回 17.7% 146回

 

金利が低いほどお得に借りることができます。計算上でも明らかですが、無利息サービスは借入額が低いほど、返済回数が少ないほどお得に利用できます。毎月の返済額を減らして返済回数が延びるに従って無利息サービスの恩恵は小さくなります。

 

30万円を借りたとき、無利息サービスを使っても、毎月の返済額が5000円のときには本来の金利である18%に近い金利になります。

 

アコム・アイフルのメリット

1.アコムは審査通過率が高い

無利息サービスのうえでは、アコムとアイフルはあまり変わるところはなく、サービス内容も標準的なものになっています。他社と比較してアコムが優れているのは審査通過率が高いという点でしょう。

 

大手他社の審査通過率は42%前後から47%程度というのが相場ですが、アコムの審査通過率は47%から49%程度で、かなり高いものになっています。大手は知名度も高く、申し込みする人の顧客層もあまり変わらないと考えると、アコムは審査に通過しやすい業者と言えるでしょう。

 

実際に、毎月最低でも3000円の返済が可能で、信用情報に問題がなければ審査に不安がある人でも申込可能です。ネットの口コミ情報でも「最も初心者向けの業者」という評価がされています。三菱UFJ銀行の子会社ですので、安心感も高いものがあります。

 

2.アイフルは在籍確認の電話を避けることが可能

アイフルのメリットとして良く言われることが、「即日融資に強い」「カードレスで契約できる」点が挙げられますが、これはプロミスでもレイクALSAでも通用する部分です。こういった大手他社と比較してアイフルにしかないメリットを挙げるなら、「在籍確認の電話連絡を回避しやすい」という点でしょう。

 

在籍確認は申込者の勤務先に審査の担当者が直接電話で連絡して、働いている実態があるかどうかを確認するものですが、申込者にとっては心理的なハードルが高く感じられるでしょう。この電話を避けたいと考えるユーザーは数多くいます。

 

電話連絡回避は多くの業者で対応してもらえますが、大手のなかで可能性が最も高いのがアイフルです。

 

プロミスにはポイント制度がある

初回借入日から

プロミスは大手の業者のなかでも無利息サービスについて独自のものを持っており、有利です。とりあえず事前に契約だけ結んでおいて、必要になったら借りたいという場合にはプロミスのサービスのほうが向いています。

 

一般的に無利息サービスは「契約日の翌日」から開始されて、借入をしてもしなくても無利息期間のカウントが始まります。ところが、プロミスの場合には契約した日やその翌日はカウントせず、借入日の翌日からとなっています。

 

10月1日にアコムとプロミスの2社に同時に契約して、その2ヶ月後に借入を開始したとき、アコムでは無利息期間はとっくに終わっていますが、プロミスの無利息サービスは30日分フルに受けることができます。

 

プロミスは大手のなかでも上限金利が17.8%とわずかですが、低く設定してあるため、ユーザーに若干有利と言っていいでしょう。「どうやらお金がピンチのようだが、借入がいつになのか分からない」といった場合には、初回借入日の翌日から無利息サービスが開始するプロミスがおすすめです。

 

プロミスは利便性が高い

消費者金融を利用するとき、契約する前には金利や利用限度額といった側面から業者選びをすることが多くありますが、実際には大手の業者では明らかな差は出てきません。

 

金利や限度額設定など、どの業者を選んでも初回利用者に対する扱いに大きな変わりはなく、決め手となる要素は見つけにくいでしょう。

 

ここで、「契約した後」「利用中」の利便性に目を向けてみると、プロミスには大きなメリットがいくつかあります。そのひとつが「モアタイム」と呼ばれる銀行振込システムです。

 

従来、銀行などの金融機関では平日の午前9時から午後3時の営業時間内でしかお金を移動させることはできませんでした。2018年から銀行などが時間や曜日を問わない振り込みの反映が可能になっています。

 

三井住友銀行や三菱UFJ銀行などでは口座から別の口座への移動はほぼいつでも瞬時です。このモアタイムシステムは、大手の消費者金融ではレイクALSAかプロミスでのみ使えるというのが現状です。

 

プロミスは三井住友銀行の子会社でもあるため、この銀行とのやり取りはいつでも即時に行われます。日曜夜間でも可能となっており、非常に利便性は高いと言っていいでしょう。

 

ポイント制度がある

プロミスは消費者金融では唯一と言っていい「ポイント制度」があります。通販サイトなどを利用すると、そのサイトで買い物をしたうちの一定割合パーセントのポイントがもらえます。

 

次の買い物でポイントを使うとその分が割引となりますが、こういったサービスを提供している金融機関というのは非常にレアケースです。

 

このポイント制度の大きなメリットとして、初回借入時にしか提供されない無利息サービスを貯めたポイントを使って何度でも使える点が挙げられます。

 

かなり多くの条件を満たしておく必要があり、ポイントを貯めるには時間もかかりますが、「プロミスを長期的に利用したい」と考えている人にとっては、ありがたいサービスになっています。

 

基本的には、インターネット会員サービスの利用で貯めるシステムになっています。

 

プロミスポイントの貯め方
対象 ポイント 条件
プロミスポイントサービス申し込み 100pt 初回登録時
インターネット会員サービスログイン 10pt 毎月初回ログイン時
「プロミスからのお知らせ」の確認 5pt~20pt お知らせの確認
収入証明書の提出 160pt 初回の提出時・1年ごとの提出
返済日お知らせメール 1pt 利用登録しているとき
取引確認メール 1pt 利用登録しているとき
ネットでの書面の受け取り 1pt 利用登録しているとき

 

毎月1回必ずログインすると自動的に10ptが貯まりますし、毎年1回収入証明書を提出していると年に1回160ptが貯まります。合計すると280ptが貯まります。これを無利息サービスと交換することができます。

 

無利息サービスの必要ポイント
適用期間 7日間 15日間 30日間
必要ポイント 250pt 400pt 700pt

 

280ptを貯めるようにすると、年に1回7日間の無利息サービスが受けられることになります。ただし、繰り上げ返済をしたときや、完済時の再度の借入という条件が付きます。多少の厳しさはありますが、他社にはないユニークなサービスです。

 

2種類の無利息サービスがあるレイクALSA

180日間・30日間の無利息サービス

新生銀行カードローンから業態チェンジしたレイクALSAには、無利息サービスが2種類用意されています。通常の消費者金融には「30日間無利息」という1種類しかないため、ユニークなサービスと言えるでしょう。

 

特に「180日間無利息サービス」というのは他社にはない独自性の高いサービスです。長期間利用したい人には180日間無利息サービスを選択するといいでしょう。

 

どちらもレイクALSAと初めて契約した人で、初回契約者だけに適用されます。無利息期間の開始は「契約日の翌日」からになっています。借入日ではないので注意しましょう。

 

また、30日間の無利息サービス期間内に返済日がやってくることがありますし、180日間なら数回は返済する必要があるので注意しましょう。

 

2種類のサービスの概要
利用条件 180日間無利息サービス 30日間無利息サービス
利用限度額 1万円~200万円 1万円~500万円
無利息となる上限金額 5万円まで何度でも 借入額全額
無利息期間終了後の金利 12.0%~18.0% 4.5%~18.0%

 

注意しておきたいのは、180日間無利息のほうを選択すると限度額が200万円までになる点です。高額の融資を受けようと考えている人には使えません。180日間無利息のときには、無利息期間中に必ず返済日が来ます。

 

10万円借入しているとき、5万円分に利息がかかります。金利18.0%で契約したときの30日後の利息は739円となります。

 

選択は利用目的から考える

2種類の無利息サービスがあるレイクALSAですが、どちらを選択すべきかという問題については、利用目的から考えるといいでしょう。たとえば、5万円以内の少額融資を希望しているときには、180日間無利息のほうがお得に借りられます。

 

逆に、借入額は5万円以上でも30日後に全額を一括で返済することが可能な人には30日間無利息のほうがお得でしょう。180日間無利息のほうは、5万円以上借りる場合でも10万円から30万円程度の少額の借入であって、返済期間も短くできるというときにはおすすめできます。

 

また、上限金額までの借入と完済を繰り返すというときにも180日間無利息のほうがお得でしょう。借入額の5万円までが無利息の対象ですが、それを超える分には利息の対象となります。そのため、5万円を超えた分の返済が遅れるほど余計に利息を支払うことになります。

 

毎月10万円を借入して翌月に返済するという場合に、30日間無利息を選択すると無利息期間が過ぎたら常に借入した全額に対して利息が発生しますが、180日間無利息であれば借入額に5万円をマイナスした分だけ利息がかかるという期間が約6ヶ月間継続します。

 

2種類の無利息サービスをシミュレーションすると

レイクALSAの2種類の無利息サービスは、実際に利用する際には「どの程度の借入額をどのくらいの期間にわたって返済するのか」という点で選択すべきですが、もうひとつ分かりにくい部分があります。そのため、借入金額と返済回数ごとに、2種類の無利息サービスを使ったときの利息額を計算しておくと便利でしょう。

 

180日間無利息サービスを選択したときの利息総額
返済回数 借入金額
5万円 10万円 20万円 30万円
1回 0円 0円 2219円 3698円
3回 0円 986円 3722円 6665円
6回 0円 1500円 6172円 1万12568円
12回 1097円 4998円 1万5036円 2万4043円
24回 1万4340円 3万2873円 5万2314円

*最低返済額を毎月支払っているとき、24回以内で返済が終了するので、空欄としています。

 

30日間無利息サービスを選択したとき
返済回数 借入金額
5万円 10万円 20万円 30万円
1回 0円 0円 0円 0円
3回 731円 1463円 2927円 4347円
6回 1770円 3542円 7315円 1万1087円
12回 3834円 7779円 1万5562円 2万3861円
24回 1万7356円 3万4724円 5万2091円

 

たとえば、同じ10万円を借りても返済回数が3回以上になるときには180日間無利息サービスのほうがお得です。

 

短期間で返済できるなら「30日間」、少額を借りるなら「180日間」のほうがお得です。借入金額や返済回数が多くなるほど2つの無利息サービスの差はなくなってきます。30万円を24回で返済する場合の利息の差はほとんどありません。

 

何度でも無利息になるノーローン

何度でも1週間無利息

無利息サービスを提供する消費者金融は大手が中心で、あまり多いとは言えません。そのなかでも「何度でも1週間無利息」という他社にはない独特なサービスを提供しているのがノーローンです。

 

社名そのものに「無利息」を取り入れているという点からしても、サービス内容に自信を持っていることがうかがえます。1954年に兵庫県で設立された業者が1984年に「シンキ」という社名に変更し、さらに2009年に新生銀行のグループ会社となったという経緯があります。

 

貸金業者としても老舗と言える会社で、安心して利用できる業者です。

 

この業者の特徴として言われている無利息サービスは、「何度借りても借入日の翌日から数えて7日間は利息を無料とする」というサービスです。他社の無利息期間のほとんどが30日間に設定されている点から見ても、非常にユニークと言っていいでしょう。

 

カードローン 無利息期間 条件
ノーローン 借入日の翌日から7日間 特になし
レイクALSA 30日間・180日間 初回契約者
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 初回契約者
アコム 契約日の翌日から30日間 初回契約者
アイフル 契約日の翌日から30日間 初回契約者
ジャパンネット銀行 初回借入日の翌日から30日間 初回契約者

 

借り入れして7日間以内に全額返済すると利息ゼロで借りることができます。翌月また借入しても、また7日間は無利息となります。また7日以内に完済すれば同様に無利息が適用されます。

 

何度でも使うことができますが、7日間という設定ですので「少額融資」「7日以内に完済できる」といった条件に合う人向けのサービスとも言えるでしょう。

 

借入して7日を過ぎると利息が発生しますので、通常は他社を利用していると人が「もしものときの保険」として加入しておくのが賢い利用方法かもしれません。

 

どのくらいの利息節約になるか

ノーローンで金利を年率18%で契約して7日間で完済したときにどの程度の額が節約できるのか知っておくと便利でしょう。

 

借入額 節約できる利息額
5万円 172円
10万円 345円
15万円 517円
20万円 690円
30万円 1035円
50万円 1726円
100万円 3452円

 

また、7日間の無利息を適用したうえで1ヶ月で完済したときに利息がいくらになるのかも知っておくと便利です。

 

借入額
5万円 567円
10万円 1134円
15万円 1701円
20万円 2268円
30万円 3402円
50万円 5671円
100万円 1万1342円

 

通常の消費者金融で金利18%の契約で10万円を借入すると、1ヶ月後の利息は1479円ですので、345円お得に借りることができます。借入額が大きくなるほど節約できる利息額も増えます。

 

楽天銀行口座との連動

ノーローンには、7日間無利息サービス以外にも使い勝手の良いサービスがあります。ノーローンは楽天銀行と提携関係にあり、多くのサービスを楽天銀行のネット会員サービスで受けることができます。たとえばリアルタイム融資です。

 

これは楽天銀行の口座を持っていればいつでもお金を振り込んでもらえるというサービスです。24時間365日、夜間でも土日祝日でも可能です。ノーローンからの借入金を即時で楽天銀行の口座に移動させることが可能です。

 

「お金が足りない」ということに気がつくのが夜間というのは良く発生する事態です。「明日家賃の引き落とし日なのに口座に残高が足りない」「明日の外出のための費用が足りない」などいったことは、前の日に準備しているときに気がつくものです。

 

こういったときに、すぐ借りることができて、すぐに口座に振り込まれるというのは、ありがたいサービスと言えるでしょう。

 

また、楽天銀行の口座を使って返済すると、返済ごとの支払利息額に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。事前に楽天への会員登録は必要ですが、登録しておくと毎月自動的にポイントが加算されていきます。

 

お金を借りて返済するとポイントが貯まるというのは、非常に珍しいサービスで、ノーローンだけと言ってもいいでしょう。

 

支払い利息額 楽天スーパーポイント
2万5000円以上 700pt
2万円以上~2万5000円未満 500pt
1万5000円以上~2万円未満 300pt
1万円以上~1万5000円未満 150pt
5000円以上~1万円未満 70pt
1000円以上~5000円未満 30pt

 

まとめ

無利息サービスと言っても各社で若干の違いがあります。独自性のあるサービスを提供している業者もあります。消費者金融は金利面ではあまり違いはないため、こういったサービス面で選ぶというのも良い考え方です。


×